東京プロス>【新宿区】不動産買取をお考えなら!買取の基礎知識とメリットを知ろう

【新宿区】不動産買取をお考えなら!買取の基礎知識とメリットを知ろう

【新宿区】不動産買取の基礎知識をチェックしよう

不動産売却には、「不動産買取」と「不動産仲介」の2種類があります。一般的に不動産売却といえば、仲介をイメージする方も多いのではないでしょうか。不動産売却の際はどちらの方法で売却するか決める必要があるため、それぞれの違いやメリットについて知っておきましょう。ここでは、新宿区などで不動産売却を検討中の方へ、不動産買取の基礎知識、買取と仲介の違いなどについて解説いたします。

土地や戸建ての売却前に知っておきたい不動産買取の基礎知識!

新宿区の土地や住宅を売却する方法には、不動産会社が仲介して買主を探す「不動産仲介」と、不動産会社が直接買い取る「不動産買取」があります。

不動産買取での買主は不動産会社になるので買い手を見つける必要がなく、査定額に納得できればすぐに売却が可能です。

ここでは、新宿区で不動産買取に興味をお持ちの方へ、不動産買取の基礎知識や必要書類についてご紹介します。

不動産と電卓

買取の基礎知識

不動産売却の方法は、「仲介」と「買取」の2種類です。ここでは、不動産買取の特徴をご紹介します。

不動産買取とは

不動産買取は、その名のとおり、売却したい不動産を不動産会社に買い取ってもらうことです。不動産売却というと、チラシやポータルサイトで物件の宣伝をするイメージがあるでしょう。しかし、不動産買取では不動産会社が買主になるため、販売活動は行いません。

買い取った不動産はリフォームして再販売する

不動産会社が不動産買取を行う理由は、買い取った不動産をリフォーム・リノベーションして再販売するためです。リフォームやリノベーションが前提なので、状態が悪い物件も買い取ってもらえる可能性が高くなります。

買い取ってもらえる不動産に制限はない

不動産買取では、マンションや土地つきの戸建て、土地のみでも買取可能です。また、不動産会社によっては、人が住まない工場や倉庫なども売却することができます。

不動産買取には2種類ある

不動産買取には、「即時買取」と「買取保証」があります。

  • ・即時買取:不動産会社が査定をして、査定額に納得できれば即売却となります。
  • ・買取保証:まずは仲介で売り出します。一定期間で売却できなかった場合は、あらかじめ提示されていた金額で不動産会社が買取します。

仲介では、より高い価格での売却が期待できますが、売れ残る可能性があるので不安に感じる方も多いでしょう。そのような方におすすめなのが「買取保証」です。住み替えやローンの返済などで売却期限があり早めに売却したいという場合は、即時買取がおすすめです。

不動産買取の必要書類

必要書類や一連の流れ

不動産買取は仲介に比べて手続きが簡単といわれていますが、いくつかの手順があり、複数の書類を揃えることが必要です。ここでは、不動産買取で必要となる書類と一連の流れを解説します。

不動産買取の必要書類

新宿区に限らず、不動産買取で必要となる書類は、不動産の種類によって異なります。「土地」「戸建て」「マンション」の売却に必要な書類をそれぞれご紹介します。

書類名 土地 戸建て マンション
本人確認証
印鑑証明書(有効期限3か月)
住民票(有効期限3か月)
登記済権利証
登記識別情報
固定資産税納付通知書
建築確認済証
検査済証
土地測量図面
境界確認書
マンションの管理規約

※印鑑証明書と住民票には有効期限があるのでご注意ください。

不動産買取の流れ

一般的な不動産買取の流れは次の通りです。

1.不動産会社に査定を依頼する
まずは不動産会社へ不動産の査定を依頼します。できるだけ高く売却するためには、複数の不動産会社に査定を依頼しましょう。

不動産買取における査定額は、市場価格の約7割が目安となっており、あとは物件の特徴や周囲の環境などで上下します。査定金額が妥当か判断できるように、事前に新宿区での売却事例を参考に不動産価格の相場を調べておきましょう。

実勢価格(実際に取り引きが成立した金額)は、国土交通省の土地総合情報システム(https://www.land.mlit.go.jp/webland/)などで確認できます。

2.引き渡し条件や日程を確認する
不動産査定額に納得できたら、不動産買取の詳細を決めていきます。具体的には、不動産の引き渡し条件と今後のスケジュールです。

3.不動産業者と売買契約を結ぶ
契約書や契約約款の内容を読み上げて最終確認を行います。契約内容に双方が合意できたら、契約書にサイン、押印をして売買契約を締結します。

4.決済・物件の引き渡し
決済を行い、鍵や関係書類を不動産会社に引き渡せば売却完了です。

マンションの売却をお考えの方へ!買取と仲介の違い・買取のメリット

マンション・土地・戸建てなど不動産の種類に関わらず、新宿区で不動産売却をする方法として、買取と仲介の2種類があります。買取と仲介どちらにするか選択を誤ってしまうと、損をしてしまうケースもあるため、適切な売却方法を選ぶことが重要です。

ここでは、不動産買取と仲介の違いや、買取を選ぶメリットについて解説します

ミニチュアハウスと女性

買取と仲介の違い

不動産買取と仲介の主な違いは、以下の通りです。

不動産買取での買主は不動産会社

仲介の場合、不動産会社が販売活動を行って買主を見つけてくれます。一方、不動産買取の場合は、不動産会社が直接買い取るため、買主は不動産会社となるのです。

不動産買取は販売活動を行わない

仲介の場合、例えばチラシやポータルサイトなどを活用して販売活動を行います。不動産買取の場合は不動産会社が直接買い取るので、販売活動は行いません。

販売活動を行うと、近所の人に売却のことを知られてしまいかねませんが、不動産買取なら近所の人に知られずに売却できます。

売却までの期間が短い

仲介では、販売活動や内覧の受け入れなどをしなければいけません。そのため、売却までにかかる期間は3~6か月程度です。不動産買取なら、不動産業者が提示する査定額に納得できれば売買契約が成立するので、最短の場合、数日で売却できます。

仲介手数料がかからない

仲介手数料は、仲介による不動産売却が成立した際に不動産会社に支払う成功報酬です。不動産買取の場合は販売活動を行わないため、仲介手数料が発生しません。

売却額が相場より安い

仲介の場合は、査定額に関係なく最終的には希望の販売価格をつけられるので、上手くいけば市場価格より高く売却することも可能です。一方、不動産買取における査定額はおおむね市場価格の7割程度とされており、その金額がそのまま売却価格になります。

契約不適合責任を負わない

仲介においては、契約内容と実際の状態に違いがあると判明した場合、売主が契約不適合責任を負いますが、不動産買取の場合は責任が発生しません。

meritの文字

買取のメリット

新宿区のマンションをできるだけ高く売却したい人にとって、不動産買取はデメリットが多いと思われるかもしれません。しかし、実は以下のように様々なメリットがあります。

不動産をすぐに現金にすることができる

新宿区にあるマンションを売却する理由は、売主の事情によって様々です。まとまったお金が急遽必要になったためマンションを手放す、といったケースも少なくありません。早期の現金化が可能な不動産買取は、そのような方にマッチした売却方法だといえるでしょう。

不動産買取では、不動産会社が提示した査定額に納得できれば、数週間で現金化することができます。一方、仲介の場合は売却までに通常3~6か月程度かかるだけでなく、買主が見つからないこともあるので注意が必要です。

現状のままで売却できる

不動産買取であれば現状のまま不動産会社が買い取ってくれるので、買主を見つけるためにお金を費やしてリフォームなどをする必要はありません。

売却費用を安く抑えられる

不動産売却にかかる費用のうち、多くを占めるのが仲介手数料です。仲介手数料は不動産の売却額をもとに算出されるので、新宿区のように不動産価格が高いエリアで売却する場合には、かなりの金額になってしまいます。

不動産買取の場合は仲介手数料が発生しないので、それだけ売却費用が安くなるのです。

売却しづらい物件でも買い取ってもらえる

新宿区のように利便性の高いエリアであっても、事故物件や築年数が30年以上といった古いマンションは、やはり売却しづらいのが現状です。しかし、不動産買取であれば、そのような不動産でも買い取ってもらえる場合があります。

資金繰りがしやすい

仲介で不動産を売却する場合は、売却できる時期や売却額がはっきりしないことも多いです。不動産買取なら、入金時期や売却額が早期に明らかになるので、資金繰りがしやすいといえます。特に住み替えの方にはおすすめの方法です。

新宿区で不動産買取のご相談は東京プロスへ

新宿区にあるマンションや土地をできるだけ早く手放したいとお考えの方は、不動産買取もご検討ください。古い物件やリフォームが必要な物件など、仲介では買い手がつきにくい不動産でも、早期に現金化が可能です。

新宿区周辺で不動産買取のご依頼なら、東京プロスへお問い合わせください。中野区・新宿区・杉並区などの不動産を取り扱う東京プロスは、売買に関するご相談も承っております。専門知識に詳しいスタッフが在籍しておりますので、まずは気軽にご相談ください。

新宿区で不動産買取をお考えなら東京プロスへ

会社名 株式会社東京プロス
代表者名 山本 精丈
資本金 5,000,000円
住所 〒164-0003 東京都中野区東中野1丁目56−8 大島ビル新館6F
電話番号 0120-283-666
FAX 03-5989-1668
メールアドレス info@tokyopros.co.jp
URL https://www.tokyopros.co.jp/
営業時間 9:30~20:00
定休日 水曜日
事業内容
  1. 不動産の売買、賃貸、及び仲介
  2. 損害保険代理業及び生命保険の募集に関する業務
  3. 前各号に附帯又は牽連する一切の事業
交通
  • 総武線 東中野駅 1分
  • 都営大江戸線 東中野駅 1分
免許番号 東京都知事 (2) 第98660号
加盟団体
  • 社団法人 不動産保証協会
  • 社団法人 全日本不動産協会

トップへ戻る

株式会社東京プロス

当店は、人気エリアの中野区、杉並区、都心部を中心に物件のご紹介をさせて頂いております。
インターネット等に公開されている物件はもちろん、人脈を生かしたエリア限定の未公開情報を多数取り扱い、
より速い情報をお客様へご提供させて頂いております。

良い物件が見つからない…、探し方がわからない…、エリア情報がほしい…

という方、ぜひ当店をご利用ください。
資格を生かした不動産の専門知識、税制優遇、ファイナンシャルプランなどの豊富な知識と長年経験を積んだスタッフが
しっかりトータルサポートさせて頂きます。

ご来店心よりお待ちしております。