東京プロス>ローンについて

ローンについて

金利情勢に合わせて、最適な住宅ローンをご提案します。

  1. 1.主な金利プランについて

    低金利を活かした「変動金利」

    適応金額
    半年ごとに見直します。4月1日、10月1日の短期プライムレートを基準として毎年2回利率の見直しを行います。
    返済額
    5年ごとに見直します。ただし、変動プランの期間中は、利率が上昇しても、新しい返済額は従来のご返済額の125%以内とします。
    メリット
    お借入期間中に金利水準が低下した場合、それに合わせて利息額が減額します。
    ×デメリット
    お借入期間中に金利水準が上昇した場合、それに合わせて返済額も増加するため、当初借入時に将来の返済額が確定しません。

    一定期間、安定した返済プランを立て、
    なお将来の金利動向を見極める「固定金利」

    適応金額
    特約期間(2・3・5・10年)終了時には、変動金利型となるが、その時点の金利で固定金利特約期間を選択できる。
    返済額
    選択した期間中は、一定です。
    メリット
    特約期間中は、金利が固定されますので、ご返済額が確定します。
    ×デメリット
    特約期間終了後のご返済額が確定しません。

    完済まで安定した返済プランを立てたい
    「超長期固定金利型」

    適応金額
    期間(30・35年)完済まで一定で変更なし。
    返済額
    完済まで一定で変更なし。
    メリット
    特約期間中は、金利が固定されますので、ご返済額が確定します。
    ×デメリット
    特約期間終了後のご返済額が確定しません。

    変動・固定金利など金利プランのメリットを
    バランスよく取り入れる「ミックスローン」

    メリット
    1. 1.金利上昇のリスクをしっかり抑えられます。
    2. 2.金利が下がったときに、支払利息額も減らせます。
    ×デメリット
    1. 1.一般的に当初取組時の変動金利型等に比べると金利水準は、高くなる。
    2. 2.金利上昇時の利息の支払負担が大きくなる。
  2. 2.元利均等返済と元金均等返済の違い

    返済方法は、ニーズに合わせて2つの方法から
    お選び
    いただけます。

    元利均等返済
    毎月のご返済額(元金+利息額)を均等に返済する方法です。返済計画が立てやすく、当初の返済負担を軽減することができます。
    メリット
    返済額が一定(返済計画がたてやすい)
    ×デメリット
    元金均等返済と比べて、元金の返済ピッチが遅い。総支払利息が多い。

    ■イメージ図

    元利均等返済イメージ図

    元金均等返済
    毎月のご返済額(元金+利息額)のうち、元金のご返済額を毎月均等にする方法です。元利均等返済と比べて元金の返済ピッチが速く、総支払利息が元利均等返済に比べて少なくなります。
    メリット
    返済額が一定(返済計画がたてやすい)
    ×デメリット
    元金均等返済と比べて、元金の返済ピッチが遅い。総支払利息が多い。

    ■イメージ図

    元金均等返済イメージ図

  3. 3.団体信用生命保険について

    この保険は、住宅ローンのお借入期間中にお客様(債務者)が死亡または所定の高度障害状態になられたとき、生命保険会社が所定の保険金を保険契約者(金融機関)に支払い、その保険金をもって当該債務の返済に充当することを目的とした団体保険です。なお、保険料は、保険契約者(金融機関)が負担いたします。

    ※団体信用生命保険に加えて、オプションで「8大疾病保障」特約を付帯することが可能です。8大疾病保障は、各金融機関によって保障内容が異なります。

  4. 4.住宅ローン控除について

    住宅ローン控除とは、住宅ローン等を利用してマイホームを新築、購入、増改築等をしたときに、一定の要件に該当すると、入居した年から10年間、所得税を減額できる制度です。

    ※一般の場合と認定住宅の場合では、限度額や控除額が変ります。

    住宅ローン減税の期間
    (平成33年12月入居分まで適応)

    控除期間 控除率 控除限度額 最大控除額
    消費税課税住宅 10年 1.0% 400万円
    (500万円)
    4,000万円
    (5,000万円)
    個人間売買の場合 10年 1.0% 200万円
    (300万円)
    2,000万円
    (3,000万円)
    控除額の計算(例)・・・消費税課税住宅の場合
    4,000万円(住宅ローンの年末残高) × 1.0%(控除率) = 最大40万円控除が可能
  5. 5.ローン相談無料で承っております

    ローン相談のみの方でも

    過去、現在でローン返済のトラブルのあった方でも

    一度弊社にご相談宜しくお願いします。

    consult

    trouble

    お買換えの方

    ご自営業の方

    勤続年数が1年未満の方

    頭金がない方

    単身の方(女性の方)

    50代、60代、70代の方

    他社でローンがダメだった方

    03-5989-1666

    お問い合わせ

トップへ戻る

株式会社東京プロスinformation

当店は、人気エリアの中野区、杉並区、都心部を中心に物件のご紹介をさせて頂いております。
インターネット等に公開されている物件はもちろん、人脈を生かしたエリア限定の未公開情報を多数取り扱い、
より速い情報をお客様へご提供させて頂いております。

良い物件が見つからない…、探し方がわからない…、エリア情報がほしい…

という方、ぜひ当店をご利用ください。
資格を生かした不動産の専門知識、税制優遇、ファイナンシャルプランなどの豊富な知識と長年経験を積んだスタッフが
しっかりトータルサポートさせて頂きます。

ご来店心よりお待ちしております。